摂食障害を予防するウォーキング

ダイエットを効果的に進めるためのウォーキングはどんなふうに行ったらいいのでしょうか。

ウォーキングで摂食障害予防1

長期的な計画を立てる

1週間に3時間を目安にウォーキングプランを立てることで、ダイエットにいい運動ができるといいます。

週末にまとめて3時間という運動配分ではなく、3日以上休む日を入れないようにして、ウォーキングを継続するといいでしょう。

空腹時にウォーキングをする方が、ダイエットには効率的と言われており、できれば身体の疲れていない朝のうちにウォーキングする

のがおすすめです。

摂食障害予防の効果を出すためには、継続することが何より大事なので、根気よく最低3か月以上はウォーキングを続けることで、食欲が落ち着くなどの効果が得られるでしょう。

きれいなフォームで走ることも、ウォーキングダイエットの効率を上げます。

背筋を伸ばし、顎は引き加減にして、前方に視線を向けて走ります。

胸郭が広い状態のほうが、ウォーキングをしながら体内に多くの酸素を補うことが可能になります。

首回りが力んだ状態で走っていると肩が凝りやすくなりますので、ウォーキング時は肩の力を抜く事を意識しましょう。

ウォーキングで摂食障害予防2

姿勢を意識する

ウォーキングは誰でも手軽にできるダイエット運動として人気がありますが、摂食障害予防の効果をアップさせるためのコツはあるのでしょうか。

ダイエットのためにウォーキングをするときには、姿勢よく腕を前後に大きく振るのがおすすめです。

ウォーキングで腕をきちんと振ることで、二の腕のたるみを解消する効果が期待できると言われています。

肘は直角に曲げて、手のひらは軽く握って、腕を振ると二の腕にちょうどよく力が入ります。

足を伸ばしながら歩くことも、ウォーキングでは大事なところです。

足の指で大地をつかむようなイメージで重心を移動し、しっかり大地を蹴って次の一歩を踏み出し、両足をしっかり意識することがポイントです。

ウォーキングでは、一歩の幅が大きめになるようにしましょう。

股関節をよく動かすことで、血液やリンパの巡りがよくなります。

リンパ液が流れやすくなることによって、ダイエットの効率が一層高くなりますので、摂食障害の予防としては、特に効果があるといえます。

ダイエット中のウォーキンのイメージとしては、背筋を伸ばして身体を広げ、手足の振り幅を大きくして、酸素が体じゅうを循環するように行うというものです。

ウォーキングをしている時は十分な水分摂取と、発汗を促進することで、一層ダイエット効率を高める事もポイントです。

ウォーキングで摂食障害予防3

摂食障害克服に効果抜群

スリムになることだけがウォーキングダイエットの効果ではありません。

内臓脂肪やメタボリックシンドロームの改善、動脈硬化、摂食障害の予防などにも有効だといわれているのがウォーキングダイエットです。

日常生活よりも長い距離を歩くウォーキングダイエットをすることで、細い血管などを丈夫にして血液の流れを良くする事ができるので、動脈硬化を防止することができるのです。

血液の循環がウォーキングダイエットをすることで改善されるので、効果的に血圧を安定させることができます。

末梢神経が足にたくさん通っているので、すべての循環器系がよく働くようになります。

圧カをそれほどかけなくても循環器系の働きが促されることで血液を送る事がスムーズになるので、正常な血圧の値になるというわけです。

内臓脂肪の改善にも、ウォーキングダイエットは効果があるといえるでしょう。

内臓脂肪を燃焼させるの事に有効な、ウォーキングダイエットは、有酸素運動である歩く

運動を取り入れたダイエットなので、作業興奮が起こり、摂食障害改善にも抜群の効果を発揮します。

低カロリーの食事に見直したとしても、内臓脂肪は解消することができないので、毎日運動をして、脂肪を燃焼させなければなりません。

メタボなどの診断を受けた人は、食生活の見直しと共にウォーキングなども一緒に行うように心がけましょう。

まとめ

長期的な計画を立てる

姿勢を意識する

摂食障害克服に効果抜群

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

シソ酢で拒食症予防